ボイトレ独学シリーズ

【独学シリーズ】地声の厚み(声帯筋)を取り出して安定した声を作る練習

更新日:

ねこさん
はい!独学シリーズ!
今回のテーマは地声の厚みです!

おさらいしますと、地声さんの役割としては主に二つ!

  1. 声帯を厚くする
  2. 声帯を閉じる

ん?どういうこと?って方は、こちらの記事をご参考に〜

ボイトレをする前に知っておきたい喉の筋肉の話【内側編】

闇雲に歌ったりボイトレするよりも、原因や理由を分かってる方が練習の効率もいいし、なによりもモチベーションが続きます! でも、よし!と、本を買ってみたりネットで調べてみても難しくて挫折しちゃう方が多いか ...

続きを見る

今回は1番目の「声帯を厚くする」に狙いを絞って、上手いこと抽出していきたいと思います!
うさぎさん

効果(特に「高音で声が細くなってしまう方」にオススメ)

この練習は低音にも高音にもいいです!
歌声だけでなく喋り声にも。

  • 声が枯れにくくなる
  • 声量が出る
  • 低音のピッチが安定する
  • 声に迫力が出る
  • 声に個性が出る
  • 声に渋みが出る
くまさん
その中でも特に多くの人が目を輝かせる効果は「高音で声が細くならない」かな!
とにかく、声の重心が下がって安定した響きになります。

外喉頭筋

喉の外側で言うと、前斜め下さんを使います!

ボイトレをする前に知っておきたい喉の筋肉の話【外側編】

ねこさん前回、喉というお家の中に地声さん・裏声さん2つの筋肉が同棲していて、この2つの協力によって歌が作られるという話をしました。 今回はその喉を外から支える4つ筋肉についてお話ししたい思います! 喉 ...

練習音源を使ってトレーニング

ねこさん
まずはやり方の解説です。

4つの行程にわけました!

step
1
唇をすぼめる

唇をダイソンかなんかで吸われてる感じで、思いっきり前に突き出しましょう。
音が高くなるに従って唇を緩めて横に開こうとするでしょうが、絶対にこのポジションをキープしてください。

「今でしょ!」の林修先生や、田中邦衛さんをイメージするのもいいでしょう!

step
2
ろうそくの火を揺らすイメージで息を吐く

口の前で、ろうそくの火が揺れてるイメージをしてください。
その火を消さない程度に揺らす感じで細い息を吐きます。
出来るだけ一定に、強過ぎず弱過ぎずでお願いします!

step
3
口の前に手の平をかざす

唇が大体10cmくらいのところに手のひらを持ってきましょう。
息が当たりますよね?

当たり前ですね、息吐いてますから。
これはつまり声帯が開いてるということです。
これ大事ですからねー!

step
4
息の最後に音程を乗せて、火を吹き消す

ここまでの3つの行程は準備です。
ここが本題ですね。

息から声にします。
その際、途切れないようスムーズに息に音程を乗せてください。
あと、手に当たる息は声になった途端減らないよう!
いや、むしろ当たる量が増えるくらいが理想です。
ろうそくの火を一気に消そうとすると、ブーって息を勢いよく送りますよね?
その感じ。

めんどくさいでしょうが、これ間違うと違うところが動くのでシビアに守ってくださいね〜
いぬさん

トレーニングの時間

ねこさん
さあ、トレーニングの時間です!

男性と女性で高さを分けてます。
それぞれ2バージョンずつ。
前半が単音で、後半のやつは音程をずり上げる感じです。

男性バージョン

トレーニング①

D3

 

くまさん
携帯のバイブ音みたいな音になるといいです!あとは船の汽笛とか、開戦時の法螺貝とか笑
方向は前斜め下を意識して、声帯筋(内筋)がぶるんぶるん震える感じ。
トレーニング②

E3〜B3

 

高くなっても音色が変わらないよう気をつけてくださいねー
あとは音が上がっても手に当たる息が減らないよう。閉鎖筋群が働いて息を受け止めて欲しくないのです!
とりさん

女性バージョン

トレーニング③

G3

 

うさぎさん
あっ、これ酸欠になっちゃう人もいるので気をつけて行ってくださいね!
厚みは閉じと違って息を受け止めきらないので、非効率なのです。
トレーニング④

A3〜E4

 

実際はA4の喚声点(ファースト・ブリッジ)まで持って行きたいのですが、女性の場合E4まででも十分難しく負荷が高いのでやめておきました。
いぬさん
換声点(ブリッジ・ブレイク)とは?男女の音程について

曲を歌ってると、 サビのこの部分になると歌いにくい ここの部分にくると声がよく裏返ってしまう って現象が起きませんか? これは至極当然なことで、誰しもの喉の中で起きている問題です! ねこさんそのポイン ...

続きを見る

声帯筋(内筋)をコントロール出来るようになることが一番の目的

どんな練習でもそうですが、数やること・時間をかけることが素晴らしいのではなく、コツを掴んで操れるようになることが目的です!

ねこさん
「息はけやー息はけやー」言うとりますが、コツを掴むとあんまり吐かなくても動かせるようになります。
そこまできたら、むしろ息を減らす段階に入りたいですね!

これ、コツを掴むまでは地獄でしょうが、分かってくると癖になって鳴らしたくなる場所です。
辛抱強く探してみてくださいな!

-ボイトレ独学シリーズ
-,

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.