メンタルトレーニング

歌・楽器が難しい時「続ける・辞める」どちらの選択肢を選びますか?

更新日:

ボイトレにしても、楽器にしてもレッスン中によく飛び交うワードは、
「難しい」です。

ねこさん
ってか、僕もよく言ってます。
もはや口癖のように笑

困難にぶつかった時、選択肢は二択

難しいと感じたその瞬間、
僕たちは選択を迫られます。
たった二つ。

やめるか、続けるか。

 

厳しめの言い方で言うと…
逃げるか、諦めないか。

そう考えると、至ってシンプルですねー
いぬさん

ギターで例えると

ギターでいうとFコードがそれに当たるかな。
人差し指を寝かせて全部の弦の音を鳴らすやつです。

くまさん
これ、普通鳴りません。

数日くらいじゃ鳴りません。
数週間、もしくは数ヶ月かも。

 

その時、ふっと頭によぎるのは…

  1. 自分には向いてないや…やめよう。
  2. もう少しだけ頑張ってみよう。

でしょうね〜

「やめる?or続ける?」の選択自体は難しくない

この2つの選択自体は難しくないです。

理由は誰になんと言われようと、
自分に絶対的な権限があるから。

法や社会のルールにのっとった上で

極端なこと言いますね。

  • Fコードを1週間で弾けないと、ギターを辞めるべしという法律や条例
  • Fコードが弾けないでギターを続けるということは、社会にとって害という風潮

こんなのないっすよね。
有難いことに、今の時代にはありません。

うさぎさん
国や社会が認めないこと以外、
すべて自分一人が選択の絶対的権限を持ってると言えます。

他の人になんと言われようと

障害にぶつかった時、
そこに肯定的な意見もあれば否定的な意見もあるでしょう。

これに対しては歌や漫画やアニメ、ドラマなどで耳にしてるから知ってるでしょう。
「まわりに何と言われようと関係ない。」です。

選択肢は自分にのみあります。

「やめる?or続ける?」を選ぶことで、どうなる?

どちらを選ぶかで、その先が大きく変わってきます。

やめるを選ぶと…

一言で言うと、楽です。

嫌な思い、苦しい思いをしなくて済みますので救われます。

ただ、楽の代償に自分を信用出来なくなってきます。
あと、繰り返すと逃げ癖がつきます。
とりさん

続けるを選ぶと…

さっきのギターの例で言いますと、
Fコードが弾けるようになります。

つまり、ギターが上手くなります!

くまさん
…。

え、たったそれだけ?

 

実はね、それだけじゃありません。

ここからの話がめちゃくちゃ重要ですよー

続けるを選ぶと自信が付与される

続けるを選ぶと、自信が付与されます。
しかも翌月ではなく、その瞬間!w

 

この自信を貯めていくと、ポイントに応じてある景品と交換出来ます。

ねこさん
その景品とは、自分の理想です!

例えば〜

  • 異性からモテたい
  • 人から尊敬されたい
  • お金持ちになりたい
  • 夢を叶えたい

とかですな。

なんで自信と理想実現が繋がるのか?

なんで、難しいと感じた時にやめないで続けるを選ぶと、理想になるに繋がるの?
ですよね。

答えは簡単です〜時系列で解説しますな!

 

  1. 自信が貯まると、自分を信じれる
  2. 自分を信じれると、自分を好きになれる
  3. 自分を好きになると発光しだす
  4. 光ってると人が寄ってくる
  5. 自分を好きだから、人も好きになれる
  6. 人に親切にできる
  7. お返しに人が助けてくれる
  8. お金が寄ってくる
やばい!ちょっと胡散臭くなってきましたね笑
とりさん

これ僕が言ってるんじゃなくて、
多くの成功者の方々が語ってることなんで悪しからず!

まとめ

  • 難しいにぶつかったら、やめるor続けるの二択
  • 選択の権限は自分のみが持っている
  • 続けるを選択すると自信ポイントがたまる
  • ポイントに応じて景品(理想)と交換できる

正直、ボイトレもギターも全然弾けなくても人生に支障は0です。

うさぎさん
本質はそのものの上達にあるわけではなく、それを通して自信を貯めること。

 

いろんな言い訳を付けて楽を選ぼうとした時、この記事を思い出して頂けたら幸いです!

-メンタルトレーニング
-

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.