ライブ

ライブの失敗は「失敗じゃなくて成功」本当の失敗ってなに?

更新日:

生徒さんから、ライブや発表会の感想を聞くと…

生徒さんの声

  • 全然ダメでした。
  • 失敗しました。
  • 凹みました。
  • 泣きました。
  • 自分にはまだ早かったです。
  • もう忘れます。

のオンパレードだったりします笑

気持ちは分かります。
僕もそうなので笑

ねこさん
ただね、これら全て失敗じゃないんですよね〜
だって、「ダメだった」って結果が分かったってことなので、むしろ成功です!

挑戦しなければ失敗はない

ステージで大きな失敗をしたから、「やっぱ出なきゃよかった…」の方向に向くのは100%違います。
そりゃあ、そもそもステージに出なければ失敗もありません。
人前で恥をかくこともないので、至って平和です。

でもね、それはただ失敗を繰り越してるだけ。
いぬさん

逃げるのは超絶簡単。
ただ逃げ癖つきますよ?
逃げ癖ついちゃうと、自分を好きになれないんですよね…
自分を好きになれないと悪いことばっか起きるから、この癖はあんまし付けない方がいいと思う。

歌も楽器も「やめたい時ほど価値があるよ」の話

ボイトレにしても、楽器にしてもレッスン中によく飛び交うワードは、 「難しい」です。 ねこさんってか、僕もよく言ってます。 もはや口癖のように笑 困難にぶつかった時の選択肢は二択 難しいと感じたその瞬間 ...

続きを見る

コケるのは早い方がいい

あっ、もし今回挑戦せず失敗しなかったとしても、次回同じ失敗をします。
次回失敗しなかったとしても、数ヶ月後か数年後。

僕はね、極論二択だと思ってるんですよ〜

  1. 今回失敗するか?
  2. 先延ばしするか?

だったら、早いとこ失敗しちゃう方がいいでしょ?
早い方が絶対にいい、傷が浅くて済む。
リカバリーも早い段階で済む。

くまさん
早いうちにどんどん転んで、擦りむいときましょ〜

成功してる人は失敗の数の多い人

他人を見て、
「あの人は緊張もせず、あんなに堂々として凄いなぁ…自分には無理だ。」
こんな風に思うことがあるかもしれません。

それはシンプルに「その人が過去にいっぱい失敗して乗り越えてきたから」だけ。
それを経験値といいます。

つまり、成功するには失敗の道を通るしかありません。
今回どんなに散々たる結果であっても挑戦しただけ立派で!
それはつまり成功と言えます。
とりさん

特例

もしくは、自分で失敗してなかったとしても、

  1. 人を見て、人の失敗を自分のことのように学んだ
  2. 人に教えてもらって、人の失敗を自分のことのように学んだ
  3. 本を読んで、人の失敗を自分のことのように学んだ

この3つでも近い経験値を得ることができます。
これは、人生のチートスキル素直を装備してる人の特権です。

詳しくはこちらの記事を〜

【成功法】歌の上達が早い人の特徴の一つ「素直」について

まだまだ若輩ですが、レッスンでいろんな人を見て思うことがあります。 上達が早い人には、2つ特徴があると。 「素直である」 「精神状態が安定してる」   今回は1つめの「素直」について、2編に ...

続きを見る

【成功法】「素直」が歌を含め、人生最強のチートスキルでは?

さて、前回の記事で「気付く」ための、4つの経路について書きました。 人から教えてもらう 人を見て学ぶ(盗む) 本・ブログを見て学ぶ 自分で経験して学ぶ ねこさん今回は、理由について更に深く掘り下げてい ...

続きを見る

うさぎさん
「率先して失敗する」+「人の失敗談に真剣に耳を傾ける」
この2つ理解してたら最強ですね。

本当の失敗とは「挑戦しないこと」と「忘れること」の2つ

つまり「ライブで間違うこと」は失敗じゃなくて成功と言えます。

じゃあ本当の失敗とは何か?

一つは、先ほどの「挑戦しないこと」です。
そして、もう一つが「忘れること」です。
いぬさん

「反省」は謝る・泣く・凹むことじゃない

「忘れること」ってのは、つまり反省をしないこと。
自分と向き合わないこととも言えます。

勉強で例えると

ひたすら過去問ばっか解いてても、答え合わせしないと意味ないですよね?
次、同じところを同じように間違う。

答え合わせをしたとしても、○か×を付けるだけで「なんでここを間違ったのか?」を考えないと、次、同じところを同じように間違いますよね。

これと全く同じです。

「反省」とは次に同じ失敗をしないこと

一番最初にも言いましたけど、「ダメだったが分かった」から成功なのです。
ダメな部分(苦手なこと)に気づけたから、はじめて自覚出来、対策が打てるのです。

  • 友達に話して泣いてスッキリする
  • お酒を呑んで後悔を綺麗に消化
ねこさん
こんなんじゃあ勿体なぁーーーい!!笑

感情を抜いて具体策を練ろう

泣いてもいいですし、凹んでもいいです。
ただ、ちょっと時間をください。
「なんで今回失敗したか?」を考える時間を。

歌詞を一箇所間違って全部がボロボロになった

次はカンペを用意してみようかな。

数日前に風邪をひいて声が出なかった

次は本番前の風邪対策を徹底しよう。

バンドの音が大きくて自分の声が聞こえなかった

まわりの音が大きい音でも歌えるような練習をしよう。

ギターのリズムが早くなってボロボロだった

クリックを使って練習しよう。

練習時間が足りなくて後悔

何日あれば足りるのか?を逆算して次に生かそう。

まとめ

  • ステージで間違っても失敗じゃない
  • 成功してる人は失敗の数が多い人
  • 本当の失敗は「挑戦しない」「忘れる」の二つ
  • 次のために具体策を練ろう

世の中の大多数の人は「人前で恥をかくこと」に対して超臆病です。

その中でも立派に挑戦した自分をちゃんと褒めてあげましょう!
とりさん

-ライブ
-

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.