YOU VOICE LABO

宮崎のボイストレーニング・ギター弾き語りスクール・スタジオレンタル

未分類

ボイストレーナーになるために必要なスキル・経験・資格

更新日:

僕がめちゃくちゃ楽しそうに仕事をしてることもあってか、生徒さんから「ボイストレーナーになるにはどうすればいいですか?」って聞かれることが多いです。

めちゃくちゃ楽しい仕事ですからねーオススメですよ!

ボイストレーナー歴8年と年数は浅い僕ですが、今までに見てきた数は多分1000人に達しますので年数は短くても中身は濃厚です。
そんな僕が思うボイストレーナーになるために必要なスキル・資格についてまとめてみました。

ボイストレーナーになるために必要な能力

今回はあくまで表面的な部分のみに絞って5つにまとめました!

内面的な部分に関してはこちらの記事でー

①声を聞いて喉の中で起きてることを分析出来る耳を持ってること

まー何と言ってもコレでしょう!

声を聞いて状況や原因が推測出来ないと、トレーニングメニューが選べないですよね。

声は内側で起きてるものだから、外から見たり、触ったりじゃ判断が出来ません。
あくまで声(音)に情報があります。

 

内側で起きてることに関してはコチラの記事で。

ボイトレをする前に知っておきたい話【外側編】

前回、喉というお家の中には地声さんと裏声さんという2人が住んでいるという話をしました。二人の協力によって歌が作られます! 今回は二人が住んでいる喉ハウスを支える4人の存在についてお話ししたい思います♪ ...

続きを見る

どうやったらボイストレーナーの耳になるの?

数こなすことだろうなと思います。
ただし、闇雲に年数を重ねても無意味です。

これはボイトレに限らずそうですが、考える&工夫するをしながら数を重ねること。

  1. 声を聞く
  2. 考える・推測する
  3. ボイトレする
  4. 結果を踏まえて考える
  5. ボイトレする

の繰り返しですよね、つまりトライ&エラー。

 

僕の耳は最近では、少し声を聞けば物凄い量の情報をキャッチするように進化しました。
呼吸も含めると心情や性格等もだいぶ読み取れるようになりました。

こんなに進化出来たのは全て今までの生徒さん達のお陰です。

まずは自分の声で実験、あとは家族や友達に協力してもらって磨くのがオススメの方法です!

②ボイストレーニングの知識が豊富であること

簡単にいうと引き出しがある、処方箋をいっぱい知ってるということでしょうか。

「おっしゃー分かった!この症状は風邪やー!」ってなっても、効く薬を知らないと打つ手がないですよね。
あと一口に薬と言っても量が膨大。
更に西洋医学のアプローチ以外にも東洋医学のアプローチもあったり、食事や運動での改善、メンタル的なアプローチと様々。

みんなに同じ練習内容を提案するのではなく、その人に合わせたものをチョイス出来るのがボイストレーナーの知識でしょうねー

どうしたらボイストレーニングの知識がつくの?

色んな人のレッスンを受けるとか、本を読むとかでしょうね。
あと、このブログもボイストレーナーを目指す皆さんの役に立てるよう頑張りたいと思います♪

ボイストレーニングの本だったら、この辺は通っておいた方がいいと思います!
定番です。

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門<DVD付> [ 武田梵声 ]

created by Rinker

ボーカリストのためのフースラーメソード驚異の声域拡大をもたらすアンザッツとは?【電子書籍】[ 武田梵声 ]

created by Rinker

“歌う力”をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術 著者 ロジャー・ラヴ(著)/高田 三郎(監修)/百瀬 由美(訳) リットーミュージック

created by Rinker

奇跡のボイストレーニングBOOK改訂版 [ 弓場徹 ]

created by Rinker

知識は人に教えてはじめて身につくものなので、本を読んだらすかさず人に教えまくりましょう!

③歌が上手いこと

やっぱボイストレーナー自身が歌が上手くないと説得力に欠けちゃいますよね…

あと経験上言葉で説明するより、実際に自分が歌ってそれを真似してもらうのが早いです!
その際に歌唱力は必須でしょう。

説明はその後にくっつければいい。

 

自分が出来ないことを人に伝えるのは中々至難ですよね。

生徒さんが勘のいい人であれば、口頭だけで何とか導けるかもしれませんが…
生徒さんの本音としては「いやいや、やって見せてくださいよ」かなと。

どうやったら歌が上手くなるの?

ボイストレーニングと、レコードコピーと、ライブと、レコーディングでしょうか。

これに関しても伝えたいことが山ほどあって書ききれないないので後日日を改めて。

④生徒さんが歌う曲のピアノ伴奏が出来ること

レッスンの中で、生徒さんの歌いたい曲をピアノ伴奏する機会はしょっちゅうあります。

部分練習をするのに、いちいちカラオケを再生するのは効率が悪いですしね。
それにピアノ伴奏だと、レッスンにライブ感があって生徒さんのテンションも上がります!

難しいことをする必要はないんですが、

  • コードを見てすぐに押さえられる
  • 歌いやすいよう曲のビートを再現できる
  • テンポキープができる

この3つくらいは欲しいですね。

上記の3つの具体的な練習方法に関しては、気が向いたら記事にしたいと思います!(そのうち)

⑤音楽経験・知識が豊富であること

例えば色んなライブハウスで歌った経験とか、大会に出場した経験とか、オーディションに出た経験とか、ストリートライブに出た経験とか。

ボーカリストなのに人前で歌ったことありません。とか、ライブは緊張して震えます。とかはちょっと…ねぇ。

 

結局歌以外にも経験・知識があればある程いいと思います。
僕は割と音楽スキルをいっぱい持ってる部類のボイストレーナーだと思いますが、そのお陰で色んなアプローチが出来るので助かってます。

例えば、

  • ピアノ以外の楽器も弾ける
  • 作詞作曲編曲が出来る
  • 音楽理論が分かる
  • 機材に詳しい
  • DAWの知識がある

などなど持ってれば持ってる程、生徒さんのお役に立てるので身に付けるといいのではないでしょうか!

ボイストレーナーになるために必要な資格

えー特にありません。

「オス!おらボイストレーナー!」でOKです。

ただ、中には資格が必要な機関もあります。
例えば僕が以前講師をしていたヤマハポピュラーミュージックスクールでは難しい試験と研修があります。

そのほか僕が知らないだけで、どこかの団体が設けてるボイストレーナーの資格があるかもしれませんが、基本的に不要です!

まとめ

冒頭にも言いましたが、ボイストレーナーという仕事はめちゃくちゃ楽しいです。

勿論、求められるスキルや知識が多く、人の人生に関わる責任重大な仕事ではあります。
どちらかというと「大変だよーやめといた方がいいよー」側の意見の方が多いかもしれません。

ま、それは人それぞれですが、僕はオススメですよ。ボイストレーナー!

-未分類
-

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.