声の知識

歌を分析するために「母音と子音の特性」を知ってると便利

更新日:

ねこさん
ボイトレをやってく上で、
母音と子音については絶対に頭に入れておいた方がいいです!

この情報を完全に理解することが、

  • 自分の歌のピッチが外れた理由
  • 人の歌のピッチが外れた理由

を紐解く鍵となります。

言葉についての説明

言葉とは、母音+子音で成り立ちます。

母音(母音)とは?

「あ」「い」「う」「え」「お」です。
日本語の場合、この5つ。

息が声帯を通って、他に邪魔をされず、
す〜っと出る声です。

うさぎさん
他に邪魔が入らない言葉だから、
「あ〜い〜う〜え〜お〜」って一息で滑らかに繋げられますよね?

子音(子音)とは?

母音を邪魔する(遮る )ものです。

例えば、「ぱ」=「p」+「a」ですよね。

「あ」って発音しようとする前に、唇がそれを邪魔して「ぱ」になります。
例えば、邪魔する時間が変われば「ば」になりますし、邪魔の仕方が変われば「ま」になったりしますよね。

母音を邪魔するものは、
ベロです。
いぬさん

母音・子音の特性について

さて、ここから一つずつ特性について触れていきます!

が、その前に…

注意

注意して頂きたいのは、この先の情報は何かの本で読んだとか、教えてもらったとかではありません。
あくまで僕が発声してる時に感じてるテンション感から推測したものレッスンの経験です。
そのため、ちゃんと研究されてる方が見たら間違ってるかもしれません、悪しからずw

母音の特性

ベロの位置はすべて下の歯の裏が理想です。

くまさん
ただベロの位置が違ってたとしても、無理に矯正しなくてもいいんじゃないかな?が最近の僕の考え。
相手に伝わるなら、もうそのままでいいじゃん!と笑

「あ」

地声さん(特に閉じ)が働きやすい。
喉頭(喉ぼとけ)の位置はニュートラルであって欲しいけど、上がり気味の人が多い印象。

「い」

裏声さん(特に薄く)が働きやすい。
ただ作り方によって特性が変わる印象。「え」同様、平べったく作り過ぎる人が多い印象。
上の歯と下の歯の隙間が、ぴったし閉じてるのは嫌だなぁ。

「え」

地声の王様。まぁ、よく閉じる子じゃあ。
喉ぼとけは少し上がる。過度に口を横に開いて平べったく出し過ぎる人が多い印象。
「え」からちょっとベロの奥が変化するくらいが理想かな。

「う」

裏声さん(特に開く)が働きやすい。
ただ「い」同様、上の歯と下の歯が閉じないように注意。
ちょっと開いてるくらいが理想。

「お」

「う」の仲間。
喉ぼとけを一番下げやすい。地声さん(閉じる)との共働きに苦戦する。

子音の特性

ベロ・歯・唇の中でも一番重要なのはベロ!

ねこさん
硬くなることなく、柔らかく働いて欲しい存在。

「K」

地声さん(閉じ)をサポート。
喉ぼとけを下げやすい。本来はベロで作りたいけど、アゴで作る人が多い印象。

「S」

裏声さん(開き)をサポート。
息が流れる。

「T」

地声さん(閉じ)をサポート。

「N」

地声さん(閉じ)をサポートすることで巷で話題。
喉ぼとけを上げやすい。

「H+F」

裏声さん(開き)をサポート。
息が流れる。

「M」

特に癖がない。
母音全部のサポートとして活躍。

「Y」

母音の「い」とほぼ同じ。

「G」

地声さん(閉じ)をサポート。「K」の発展系。
喉ぼとけを下げやすい。本来はベロで作りたいけど、アゴで作る人が多い印象。

「Z」

裏声さん(開き)をサポート。「S」の進化系。
息が流れるけど、ちょっと閉じもサポート。

「D」

地声さん(閉じ)をサポート。「T」の発展系。

「P」

地声さん(閉じ)をサポート。

「B」

地声さん(閉じ)をサポート。「P」の発展系。

まとめ

分かりやすくまとめたつもりが、読み返してみると難しいかもしれませんね…笑

うさぎさん
今後この表を使いつつ曲で解説していきますので、その時理解が深くなってくるのでは?と思います!

やっぱ情報を入れるだけではなく、実際に経験しないと意味がないですからねー
今回のやつは前知識として!

-声の知識
-

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.