声の知識 自分の話

録音した声が「気持ち悪い理由」と「僕の愚かな体験談」

更新日:

レッスンの中で、生徒さんにスマホのアプリとかで録音してもらう場面は多いです。
録音された自分の声をはじめて聞いた生徒さんの中には、ショックでめちゃくちゃ落ち込んでしまう人もいます。

ねこさん
今回はそんな「自分の声が想像してるのと違う理由」と、「僕の愚かな体験談」についてまとめてみましたー
少しでも参考になると幸いです!

自分の声を初めて聞いた時の感想

さて、生徒さんからよく出る感想をあげてみます。

  • 思ったより高い
  • キンキンしてる
  • 子供みたいな声
  • 気持ち悪い
  • 恥ずかしい

こんな感じですね〜

あ、自分と同じだ!と思ったかも多いのではないでしょうか?
そうです、大体みんな同じことを思うので貴方だけではありません!
安心してくださいな〜
とりさん

Twitterで呟いてみると…

え、マヂありえないんだけど。
なに、この声。軽すぎ、子供じゃん。
もっとちゃんと出てると思ってたんだけど。
気持ちわる…もう歌えないんだけど。

みたいな感じ!

「機材のせい」にした愚かな体験談

10代の頃の僕は自信過剰でした…
その愚かさゆえの体験談を書き残しておきますね笑

※そんなのはいいから早く理由が知りたい方は飛ばしてください〜

①カセットMTR

僕がはじめて自分の歌声を録音して聞いたのは中学3年の時です。
新聞配達をして貯めたお金でカセットMTRとマイクというものを買いました。確か2万円くらい。
MTRとは音を重ねて録音出来る機材のことです。

期待に胸を膨らませながら、歌を録音して初めて自分の声を聞いた時、愕然としました…

くまさん
え、誰ですか??
出してるのと違いますよ?

僕は、まさか自分がこんな変な声とは思いも寄らず、「やっぱ安い機材だとこんなもんか」と落胆し納得しました。

②MDプレーヤー

翌年、高校生になった僕は必死にバイトしまして〜
録再用のポータブルMDプレーヤーを買いました。確か4万円くらい。
カセットは全然ダメだったから、MDなら大丈夫だろう!と。

結果、録音されていたのは気持ちの悪い声。

あ〜MDもダメかぁ。
ちゃんと自分の声を綺麗に録音してくれる機材が欲しい。
いぬさん

③KORGのCD-MTR

更に翌年、働いて働いてKORGのCD-MTRを買いました。
これは「市販されてるCDと同じ音質で録音が出来ますよー」という代物でした。
確か20万円くらいしたと思います。
高2の僕には大金でしたが、「自分の声を綺麗に録音したい!」という一途な思いで買いました。

結果はまぁ想像つきますよね笑

ねこさん
そう、高音質になった変な声が録れてただけでした。

気持ち悪い声は「機材のせいじゃなく自分のせい」

そして、ようやく気付きます。

機材のせいじゃなく、僕はこんな声なんだ…
うさぎさん

はよ、気付けよ!って思いますよね?
それくらい10代の僕は自信過剰で、耳が腐っていたのです笑

当時はショックで歌うのを辞めようと真剣に悩んだのを覚えてます。

理由(なんで録音した声が思ったのと違うのか?)

さて、理由ですが簡単に言いますと〜

  • 自分が聞いてる音は内耳+外耳
  • 録音された音は外耳のみ

だからです。

内耳と外耳について

  • 内耳とは声帯で発生した音を骨伝導で聞いてるもの(体内の音)
  • 外耳は声を発して壁に跳ね返って耳から聞いてるもの(体外の音)
つまり自分が思ってる音は二つが重なってるから太い。
ただ録音された音、他人が聞いてる音は一つだから細い。
いぬさん

ちなみに録音されてる音が、人が聞いてる声であり本当の自分の声です。

克服方法と「歌をやめたくなった方」へ

克服方法ですが、ひたすら録音しては聞くの反復が一番です。
だんだん慣れてきます。
んで、次第に出してる声と録れる声が同じになってきます。

ねこさん
向き合わないと成長はないので、ばんばん歌って〜録って〜聞きましょう!
iPhoneで弾き語り録音にオススメなマイク【SHURE MV88】

僕が練習(ボイトレ)・スタジオリハ・本番を録音してるのは全てiPhone+MV88です。 適当なとこに置いても勝手にいい音で録ってくれるので重宝してます。 YouTubeにあげたり、SNSにのせる時も ...

続きを見る

「歌をやめようかな…」って思う方もいるかもしれません。
お気持ちはよく分かりますが、乗り越えるしかありません!
僕みたいに「それを乗り越えてプロになった」みたいな事例もありますし。

こちらの記事でも書きましたけど、逃げたい時ほどチャンスですのでファイトです!
いぬさん
歌・楽器が難しい時「続ける・辞める」どちらの選択肢を選びますか?

ボイトレにしても、楽器にしてもレッスン中によく飛び交うワードは、 「難しい」です。 ねこさんってか、僕もよく言ってます。 もはや口癖のように笑 困難にぶつかった時、選択肢は二択 難しいと感じたその瞬間 ...

続きを見る

-声の知識, 自分の話
-

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.