YOU VOICE LABO

宮崎のボイストレーニング・ギター弾き語りスクール・スタジオレンタル

声の知識

ボイトレをする前に知っておきたい話【内側編】

更新日:

闇雲に歌ったりボイトレするよりも、原因や理由を分かってる方が練習の効率もいいし、なによりもモチベーションが続きます!

でも、よし!と本を買ってみたりネットで調べてみても、〇〇筋や専門用語でやたら難しく解説されてる場合が多く、それだけでやる気を喪失しちゃう方も多いかなと。

 

なので僕のレッスンでは難しさを避けて、シンプル且つ分かりやすい例え話で説明するように心がけてます!

ねこ先生
とゆーわけで、普段レッスンでしてる例え話を一ついたしましょう!

喉の中には地声さんと裏声さんという2つの筋肉が住んでいる

あるところに喉というお家があります。
このお家には2人の筋肉が同棲しています。

1人は地声さん、もう1人は裏声さんです。

2人はこのお家の中で歌う・喋るという仕事を黙々とこなしています。

地声さんと裏声さんにはそれぞれ得意分野がある

2人にはそれぞれ得意分野があります。

  • 地声さんは低い声・大きい声を出すこと。
  • 裏声さんは高い声・小さい声を出すこと。

2人には毎日のように脳さんから仕事が与えられます。

簡単な仕事もあれば難しい仕事もあります。

1人で抱え込まず、2人が助け合うことが大事

簡単な仕事であれば一人がサボっていても、もう一人の頑張りで何とかなります。
しかし難しい仕事となるとそうはいきません。

2人で協力して行わないと失敗してしまいます。

2人が同じくらい仕事が出来て仲良く暮らしていければ最高ですが、性格の違う二人が共同生活をしていくということは大変なことです。

  • 1人が仕事が出来ないから、もう1人が必要以上に頑張りすぎて疲れる。
  • 1人が出しゃばり過ぎて、もう1人が手伝わない。
  • 2人共サボり気味で、仕事のミスが相次ぐ。

なんてのはよくある話です。

 

つまり、2人がそれぞれの得意分野を生かして独立し、協調性を持って仕事をこなすことが大事です!

「ミスするから。」

という短期的な考えで1人が頑張りすぎていては、もう1人は一向に成長しません…疲れます。

そんな状態は決して長続きはしません、まさに家庭内別居w

気持ちよく歌えない原因は喉にある

お家の中で起きてる事がそのまま喋り声や歌に現れます。

一例を挙げると…

  • 声が小さいのは地声さんの力不足。
  • 声が枯れてしまうは地声さんの力不足。
  • 音程が当たらず低くなってしまうのは裏声さんの力不足。
  • 音程が取れないのは2人の協力不足(特に裏声さんの責任が大きい)

 

この時ご近所に住んでる息(腹筋)さんを思い出す方もいるかもしれませんが、あくまでもお家の中で起きてることなので2人の問題です。

息(腹筋)さんは親戚みたいなもので、困った時に助けてもらうくらいの距離感がいいと思います。

ボイトレとは二人に仕事を与えて育ててあげること

ボイトレは人(子供、部下、後輩)を2人同時進行で育てることと一緒です。

なので、流れとしては大体こんな感じでしょうか。

  1. 地声さんに簡単な仕事を与える。
  2. 裏声さんに簡単な仕事を与える。
  3. それぞれの仕事の難易度をあげていく。
  4. 2人がある程度育ってきたら、共同作業を与えてみる。
  5. 共同作業の割合を変えてみる。
  6. 難易度をあげてみる。

※①と②の順番は人それぞれ違います。

そう考えるとボイトレってシンプルでしょ?

ねこ先生
ボイストレーナーはこんなことを考えながらレッスンを組み立ててるのです!

問題は働きっぷりを直接目で見て確認できないこと

ただ、ここで一つ問題が…汗

歌はお家の中で行われてることなので外からは見えないのです!

つまり、出来上がった仕事(音)で判断するしかない。

 

“音程の合ってる高い声”があっても、

2人が協力したのか、1人が過度に頑張った結果なのか、はたまた親戚の息さんが手伝ったのかは目に見えません。

ボイトレは楽器に比べて独学が難しい

目に見えること・見えないことが楽器と歌の一番の違いです。

楽器はガラス張りの家みたいなもの。オープンハウス。内覧自由。

自分の家の中もよく見えますが、よそのお家の中もよ~く見ることが出来ます。見比べるってことが出来るんですね!

これはデカイ!真似も出来るし、自分の間違いにも早く気付きやすい。

僕は歌以外に楽器も教えますが、歌と比べると楽器は教えやすいなと感じてます。

独学でのボイトレあるある

残念なことに、

「大きい声を出すぞー」と、
地声と思って出していても、実際はあまり地声さんが働いてない。

「高音出すために裏声を鍛えるぞー」と、
裏声を出してるつもりが実際は地声さんがかなり頑張って、肝心の裏声さんはちょっとしか協力してないなんてことはザラにあります。

努力は決して無駄ではないんですが、楽器の練習と比べるとどうしても非効率ですよね…

最短で歌が上手くなりたい人はレッスンを受けるのが近道

「独学でボイトレやってるけど中々上達しないなぁ…」って方は、

声を聞いてお家の中が分かる耳を持ったボイストレーナーにつくことをオススメします!

なんだかんだでそれが一番最短ですね。

ただボイストレーナーでもちゃんと聴き取れる人は少ないのでご注意を~♪

ボイトレをする上で注意したいこと

今自分が出している声は、

地声さんが主で働いているのか?
裏声さんが働いているのか?
それとも2人がどの程度協力して働いているのか?

を意識しながら出すことが上達の近道です!

 

なんとなくの練習は、なんとなくの効果しかないので。
しっかり意識することが重要です!

喉ハウスを影で支える4人の存在?

ここまで喉というお家について語ってきました。

お家と聞くと地面にくっついてるようなイメージがありますが、この喉ハウスは違います。

4つのロープによって宙に浮いています!

つまり地声さんと裏声さんが住んでるお家を別な4人が引っ張ってるのです!

ねこ先生
次回はこのロープを引いている4人について書きたいと思います♪
ボイトレをする前に知っておきたい話【外側編】

前回、喉というお家の中には地声さんと裏声さんという2人が住んでいるという話をしました。二人の協力によって歌が作られます! 今回は二人が住んでいる喉ハウスを支える4人の存在についてお話ししたい思います♪ ...

続きを見る

 

この記事はこの本を参考に、よりライトでシンプルにアレンジを加えたものです♪

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門<DVD付> [ 武田梵声 ]

created by Rinker

-声の知識
-, ,

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.