ボイトレ独学シリーズ 声の知識

ボイトレをする前に知っておきたい喉の筋肉の話【外側編】

更新日:

ねこさん
前回、喉というお家の中に地声さん・裏声さん2つの筋肉が同棲していて、この2つの協力によって歌が作られるという話をしました。
ボイトレをする前に知っておきたい喉の筋肉の話【内側編】

闇雲に歌ったりボイトレするよりも、原因や理由を分かってる方が練習の効率もいいし、なによりもモチベーションが続きます! でも、よし!と、本を買ってみたりネットで調べてみても難しくて挫折しちゃう方が多いか ...

続きを見る

今回はその喉を外から支える4つ筋肉についてお話ししたい思います!

喉は4つの筋肉(外喉頭筋群)によって支えられている

地声さんと裏声さんが住んでるのは喉の内側。

んで、支えてる4つの筋肉は外側になります。

うさぎさん
前斜め上さん・前斜め下さん・後ろ斜め上さん・後ろさんです。
この4つの筋肉がそれぞれ仕事することで喉は安定します!

そんな4つの筋肉ですが、実はみな性格がバラバラなのです。

①前斜め上さん(甲状舌骨筋)

まずは、前斜め上さん。
一言で言うなら、ふざけてる性格です。

歌にとって一番大事な部分かも。
プロの歌手はここが発達してる方が多いとも言えます!
いぬさん

この筋肉を使った音色

前斜め上さんがやる気を出してピンッ!と喉を引っ張ると、鼻声のような間抜けな音色がします。

細かくいうと種類も色々ありますが、
千と千尋の神隠しのカエルとかイメージして頂けるといいかなと。「千を出せー」

この筋肉を使って得られる効果

前斜め上さんが頑張ることで得られる効果は、

  • 大きな声が出る
  • 声が枯れにくくなる
  • 声の抜け・通りが良くなる
  • 声がマイク乗りしやすくなるため、バンドの中でも声が埋もれにくくなる
  • 声が裏返りにくくなる
  • 地声と裏声がスムーズに繋がりやすくなる
  • 歌う時の息苦しさが減る

等でしょうか。

くまさん
恐るべし、前斜め上さん!

この筋肉を使う方向のイメージ

その名の通り、前斜め上の方向(鼻の方向)をイメージしたり、指を指したりしながら声を出すとこの音色になると思います。

②前斜め下さん(胸骨甲状筋)

続いて、前斜め下さん。
安定してるけど、ちょっとムスっとしてる性格です。

この筋肉を使った音色

前斜め下さんがやる気を出してピンッ!と喉を引っ張ると、丸いというかちょっと膨らみがあるというような音色がします。

僕は無表情、棒読み、冷めた感じ、呆れた声ってイメージで捉えてます。

この筋肉を使って得られる効果

前斜め下さんが頑張ると、

音程が変わっても声がか細くなるのを防いだり、詰まった感じの声が柔らかくなったり等の効果があります。

声を安定させる上では必要不可欠な存在と言えます!
とりさん

この筋肉を使う方向のイメージ

その名の通り、前斜め下の方向をイメージしたり指を指したりしながら声を出すとこの音色になると思います。
胸に響かせるイメージとかでも言ったりします。

③後ろ斜め上さん(口蓋喉頭筋・茎突咽頭筋)

続いて、後ろ前斜め上さん。
明るく爽やかな性格です。

この筋肉を使った音色

後ろ斜め上さんがやる気を出してピンッ!と喉を引っ張ると、明るく爽やかな音色がします。
前斜め上さんとは違った種類の明るさ
って感じです。

ミュージカルの少年役の主人公とか、歌のお兄さんとかってイメージです。

この筋肉を使って得られる効果

後ろ斜め上さんが頑張ると、

声が明るくなり好感が持てたり、歌詞が聞こえやすくなったりします。
また、前斜め上さん同様、声量が増えたり、声が裏返りにくくなったりなどの効果があります。

うさぎさん
これは個人的な感覚ですが、後ろ斜め上さんが鍛えられてくるとミュージカルのように突然歌い出したくなる衝動がやってきます。
歌が楽しいと感じるのはここの働きが大きいかもしれません。

この筋肉を使う方向のイメージ

その名の通り、後ろ斜め上の方向をイメージしたり指を指したりしながら声を出すとこの音色になると思います。
難しい言い方だと軟口蓋を上げるとか、喉を開いた声って表現される方もいるかなーと。

④後ろさん(下咽頭収縮筋)

最後は、後ろさん。
暗いけどみんなを支えて頼り甲斐のある性格です。

この筋肉を使った音色

後ろ斜め上さんがやる気を出してピンッ!とお家を引っ張ると、深いというか奥行きのあるような音色がします。

前斜め下さんとは違った種類の暗さって感じです。
こもった声といってもいいかもしれません。

クラシックの男性の真似をしてる人ってイメージかな。

この筋肉を使って得られる効果

後ろさんが頑張ると、

声に奥行きや力強さが増します。

この筋肉の力を借りないと、声を強くしたり、音域を伸ばしていくことは難しいと思います。
いぬさん

この筋肉を使う方向のイメージ

その名の通り、後の方向(首の後ろ)をイメージしたり指を指したりしながら声を出すとこの音色になると思います。

4つの筋肉が綱引きすることで声が安定する

 

この別々の個性を持つ4つの筋肉が協力して喉を引っ張りあうことで、喉はがっちりと安定します。

ねこさん
地声さん、裏声さんの時と同様にどちらかが頑張るのではなく、
4つの筋肉が協力して言わば綱引きのように引きあった状態が理想です !

野球に例えると…

いくらプロのピッチャーが投げる球が早くて、狙いも良くて、変化をつけられるとしても、マウンドが水上のイカダの上だったら思うように力を発揮できませんよね?

しっかりとした土台の上でこそ力が発揮できる。声も同じです!

4つの筋肉の引っ張りが弱いと…

4つの筋肉がしっかり引っ張らないとお家はぐらぐら。

お家の中でお仕事をしている地声さんと裏声さんはミスを連発したり、怪我をしたりします。

  • ミス=音を外すこと・裏返ること
  • 怪我=声が枯れる・喉を痛めること
この4つの筋肉が外からお家をしっかり支える事ではじめて、中の2つの筋肉が安心して仕事が出来る環境になるのです!
とりさん

まとめ

  • 喉の内側で仕事する地声さん・裏声さん
  • 喉の外側で仕事する前斜め上さん・前斜め下さん・後ろ斜め上さん・後ろさん
うさぎさん
この6つの筋肉が協力することで、思うように歌えて、ストレスなく声が出せます!
つまりボイストレーニングの目的はここにあります。

具体的なトレーニング方法については、ボイトレ独学シリーズに随時更新していきたいと思います!

 

この記事はこの本を参考に、よりライトでシンプルにアレンジを加えたものです♪

最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門<DVD付>
created by Rinker

-ボイトレ独学シリーズ, 声の知識
-, ,

Copyright© YOU VOICE LABO , 2019 All Rights Reserved.